艶つや習慣

艶つや習慣で乾燥対策

更新日:

首や脇下のイボの治療法について

歳を重ねる
年齢が進むにつれ、首元や脇の下などに小さなイボが生じ、徐々に数が増えてくる場合があります。

触るとザラザラしますし、美容に気をつけている人は目障りに感じるでしょう。

また、服によってはこすれて気になったり、ネックレスが引っかかるなど、オシャレをする時の邪魔になることも多いようです。

これらのイボは、どうしてできるのでしょうか?

イボを大別すると、その種類は2つ。尋常性疣贅や伝染性軟属腫などのウイルス感染によるものと非感染性のものです。

首元や脇の下にできているイボの多くは、アクロコルドンやスキンタッグと呼ばれる非感染性のもの。

アクロコルドンとスキンタッグは20歳代から徐々にでき始め、中高年以降に目立って多くなります。首元、脇の下をはじめ、まぶた、胸部などの皮膚が薄い部分によく見られます。

実はその原因ははっきりとは分かっていません。良性腫瘍であり、特に心配する必要はないのですが、皮膚から突き出ているためにこすれることが多く、炎症を生じがちになります。

治療する場合、以下の3つがポピュラーな方法とされています——

液体窒素による冷凍療法

マイナス200度に近い液体窒素で冷却されたピンセットを使い、イボを凍結。1〜2週間すれば、かさぶたとなって脱落します。

ハサミで切除

小さなイボの場合はハサミで切り取っても出血は少なく、少し縫うだけで傷口処理も終わります。

炭酸ガスレーザー

大型のイボは、レーザーを使って瞬時に蒸発させてしまいます。

以上の3つの方法ならすぐにイボはとれますが、治療費が結構かかるのが難点です。急を要しないなら、クリームなどを使ってじっくりと治療するのもおすすめ。

艶つや習慣なら、アンズ、ハトムギなど、イボの民間薬として使われてきた植物のエキスが配合されていて、肌に無理をかけずにイボを取ることができます。

艶つや習慣の口コミ情報

艶つや習慣を使ってみて

使用してみる
艶つや習慣の容器を開けると、ぷるぷるしたジェルが入っています。紅茶色をしていることもあってまるで食べ物みたいです。手につけてみたのですが、とても化粧品とは思えません。

鼻を近づけるとかすかに材料のものらしい匂いはしますが、鼻にツンとくるような刺激臭はなく、香りに敏感感な人でも安心です。

公式サイトで買ったのですが、驚いたのが配合量の多さです。120グラムが大きめの容器にたっぷりつまっているので、首元やまぶたにイボが沢山あってもケチケチせずに使うことができます。

気になるイボとその周りに塗ってみると、なじみも良く変な刺激も感じません。敏感肌の人でも使えるようになっているようですが、それが実感できます。

1週間使い続けてみましたが、さすがにその程度ではイボに変化は見られません。

さらに塗り続けていると、徐々にイボの表面が黒っぽく変化してきました。

そして1ヶ月、いつものように首のイボに艶つや習慣を塗ろうとすると、イボそのものがなくなっています。鏡を見てみると跡だけが残っていました。きっと寝ているときにでもポロリと落ちてしまったのでしょう。

他のイボ用クリームと比べて安かったので、効果が本当にあるかちょっと心配していたのですが、こうやってイボを落とせてうれしく思いました。

-艶つや習慣

Copyright© 本当に効いた!艶つや習慣の口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.