艶つや習慣

艶つや習慣はドラッグストアで購入できるの?

更新日:

艶つや習慣の成分について

成分の詳細
艶つや習慣の全成分は以下の通りです——

水、BG、グリセリン、アンズ種子エキス、パーシック油、バチルス発酵物、ハトムギ種子エキス、マルピギアグラブラ果実エキス、オリゴペプチド-24、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、アスタキサンチン、アロエベラ葉エキス、クチナシエキス、ヒアルロン酸Na、アラントイン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トコフェロール、トリエチルヘキサノイン、オクチルドデセス-20、ラッカイン酸、クチナシ黄、フルクトース、マルトデキストリン、ペンチレングリコール、クエン酸、カルボマー、水酸化Na、ピロリン酸4K、PG、エタノール、フェノキシエタノール

このうち、アンズ種子エキス、ハトムギ種子エキス、プラセンタエキス以外の重要成分について説明してみます。

パーシック油

この油はアンズ、あるいは桃の種子から抽出されたもの。艶つや習慣に使われているのがどちらのものかははっきりとは分かりませんが、成分欄には「アンズ種子エキス」も書かれていますから、おそらくアンズ由来のものでしょう。

オレイン酸が主成分で、保湿・柔軟効果が高く、肌に潤いを与え、キメを整えてくれます。

ヘアケア製品などにも幅広く使われていて、安全性にも問題はありません。

マルピギアグラブラ果実エキス

「マルピギアグラブラ」とは舌をかみそうな名前ですが、これはアセロラの別名です。

ドリンクとしてテレビでCMが流されるようになってからすっかり知名度の上がったアセロラですが、アントシアニン、ケルセチンといったポリフェノールをたっぷり含んでいます。

さらにビタミンCとの相乗効果で、体の健康に影響のある活性酸素の働きを抑え、老化や疾病の予防はもちろん、肌にもハリとツヤをもたらしてくれます。

アロエベラ葉エキス

アロエベラはその名前の通りアロエの1種。観賞用植物としてもおなじみです。

世界中で民間薬として利用されてきた歴史を持ち、最近ではニキビ改善やコラーゲン生成の効果が認められ、エイジングケアを含めた様々な化粧品に使われています。

アラントイン

ウシの羊膜の分泌液から見つかった物質で、タバコの種子、穀物の胚芽、コンフリーの根、変わったところではかたつむりの粘液にも含まれています。

組織修復賦活作用、消炎鎮静作用、抗刺激作用などがあるとされていて、肌荒れ、傷、やけどなど、肌へのダメージの回復を早めてくれます。

また、いわゆるターンオーバーを促してくれるので、シミ、色素沈着の改善効果が期待できます。

乳液、入浴剤、育毛剤にも使われていて、安全性の高い物質です。

クチナシエキス

歌謡曲のタイトルになったりして日本でもおなじみのクチナシですが、その果実は昔から山梔子(サンシシ)という名前で漢方に用いられ、現在ではエキスという形で化粧品などに配合されています。

最近ではメラニンの生成を抑制することが研究によって判明し、美肌用品に使われる機会が増えているようです。

艶つや習慣の口コミをチェックする

艶つや習慣の特徴

特徴を調べる
艶つや習慣は、オールインワンタイプのジェル。塗るだけで角質ケアとスキンケアが一緒にできてしまいます。

アンズエキス、ハトムギエキス、プラセンタエキスなどの優れた成分がたっぷり入っていて、硬くなった肌の角質層を柔らかくしてくれます。

使い方はいたってシンプル。洗顔後にマッサージしながら塗っていけばそれで終わりです。

長期に渡って塗り続けると肌の固くなった部分が徐々に浮き上がって黒くなり、いつのまにかキレイに取れてしまいます。

角質ケアを考えている人にぜひともおすすめしたい商品です。

-艶つや習慣

Copyright© 本当に効いた!艶つや習慣の口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.